鼻づまりについて

鼻づまりと鼻炎や花粉症

鼻づまりを起こす鼻炎など様々な病気について説明します。

鼻づまりが起きる病気として、風邪などの感染症からアレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎などがありますが、他にもあります。肥厚性鼻炎は鼻炎が続いたのち鼻甲介の腫れが慢性化し、鼻が詰まった状態が常に続きます。腫れを抑えるために血管収縮剤などを使用しても、いったんは効果が見えてもすぐまた炎症が起こって腫れて鼻が詰まってしまう病気です。

sponsored link



鼻づまりを起こす代表的な病気は鼻炎です。その中でもアレルギー性の鼻炎、とりわけ花粉症によるものが一般的に多く見られます。ヒノキは2〜5月、ブタクサは8〜11月、スギも2〜5月ですが一年を通して花粉症が蔓延します。

他にも様々な病気の症状として現れる鼻づまりを紹介していきましょう。
アデノイド肥大が原因で鼻づまりが起きることもあります。アデノイド肥大は特に幼少期に多く、ただの鼻づまりと思っているとアデノイド肥大だったという例もあります。
また、鼻中隔弯曲症という病気もあります。名の示すとおり、鼻の中央の隔たり部分鼻中隔が湾曲して曲がっている症状です。正常な人でも多少の湾曲は見られますが、鼻腔の空間が非常に狭くなるほど湾曲してしまっていると、鼻づまりだけでなく鼻で呼吸するのも困難でしょう。

鼻づまりが原因で違う症状が起きる例があります。それは「いびき」です。鼻づまりで鼻呼吸が出来なくなり寝ているときは口呼吸になってしまい、いびきの原因となってしまうのです。いびきをしているときは熟睡が出来ていないことが多く、睡眠時間を取っても睡眠不足に陥ることがあります。これは深い睡眠が出来ないことで体力が回復できないというわけです。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 鼻づまりと虫歯の関係

⇒ 鼻づまりが体に及ぼす影響

⇒ 鼻づまりの解消法

⇒ 鼻づまりの治し方



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hanadumari★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。