鼻づまりについて

鼻づまりと虫歯の関係

鼻づまりと虫歯の関係について説明していきましょう。

鼻づまりの原因の中でも意外と知られていないのが虫歯です。鼻と口は繋がっているとはいえ、なぜ虫歯と鼻づまりが関係することになるのでしょうか?

sponsored link



上あごの特に奥歯に虫歯が出来てしまった場合は、歯の内部からバイ菌が歯根を溶かして侵食していき、やがて上顎洞や副鼻腔に侵入してしまいます。そこで炎症を起こすと上顎洞炎や副鼻腔炎となってしまうものです。その結果鼻づまりが症状として現れ、他にも目の下から頬にかけての腫れや痛み、目の痛み、頭痛などを伴うこともあります。

虫歯は放っておくとこのように骨を溶かして口以外の場所にも影響を及ぼしてしまうので、早い段階で処置を施さないといけません。よく歯に痛みを感じなくなったからと、治療途中の治りかけの状態で歯医者への通院をやめてしまう方も居ますが、そういう方は頻繁に虫歯を再発しています。治療の過程で神経を抜いてしまった場合は特に注意が必要です。神経を抜いて痛みを感じなくなったわけですから、虫歯が進行していっても痛みによって気付く機会が失われ、気付けば治療の施しようもなくなってしまうということもあります。

こうならないよう、虫歯はしっかりと治療が終わるまで通院するようにして下さい。

sponsored link



このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 鼻づまりが体に及ぼす影響

⇒ 鼻づまりの原因

⇒ 鼻づまりの解消法

⇒ 鼻づまりを治す治療法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hanadumari★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。